『美女と野獣』を観た感想

美女と野獣 実写 映画 ディズニー エマワトソン




もはやこの映画自体が魔法だ。

美女と野獣 実写 映画 ディズニー エマワトソン

実写版『美女と野獣』を観てきた。

ものすごく贅沢で美しい“動く絵本”を観たような気持ちになった。

2017年の実写映画なのに、しっかりオールドスクールなディズニー映画の雰囲気もある。こういう“イズム”はすごいなぁと思う。

ディズニー映画は「夢を観せてくれるもの」として機能している。観る方も「さぁ今からたっぷりの夢を頼むぜ」という気持ちがある。

昔はその押し付けがましい“夢”が現実逃避のようで、すこし苦手だった。

多少ばかり歳を取ると、美しいものは美しい。美味しいものは美味しい。良いものは良い。こんな感じで素直に感じるようになった。(もちろん嫌いなものはやっぱり嫌いということもある)

どのシーンも、映像が、人が、衣装が、音楽が、歌が美しかった。

この映画に限ったことじゃないけれど、頭が「これはCGだな」と映像技術に対して感じなくなってきたあたりから、映画はさらに進化を遂げたように思う。

変にアニメ感のないデザインのキャラクターたちも良かった。魔法が現実的に存在したのなら、こんな感じになるんだろうという説得力があった。

子供だけじゃなく、老若男女楽しめると思う。

あと個人的なことだけど、野獣が時折ザキヤマさんに見えてしまったのと、こないだ観た『T2・トレインスポッティング2』で、あんなにもダメなジャンキーだったユアン・マクレガーが華麗に歌い上げるシーケンスがあるのだが、あまりにもファンタジックで美しいシーンだったから「またキマってんのか?」とつい思ってしまった。自分の業の深さを恨む。

そうか、ディズニー映画は自分の業の深さをあらわにするところがあるから、昔は苦手だったのかもしれない。

歳を取ると、業の深さも自分自身だと認めないと生きていけない。たまに気分転換したい時は、映画が業を忘れる魔法をかけてくれる。

サントラが聴きたくなったし、またアニメ版を再度観てみたくなった。

 

美女と野獣

 

◆関連記事

観た映画の感想

 

・「ttooss」について

ttooss トス instagram インスタグラム ttooss トス facebook フェイスブック ttooss settter トス セッター twitter ツイッター