『6才のボクが、大人になるまで。』を観た感想

6才のボクが、大人になるまで。,6才のボクが大人になるまで,映画,感想,ネタバレ,12年,撮影,リアル,

 

[ネタバレなし]

撮影期間12年の凄みとリアルさは、とうてい真似できるものではない。

6才のボクが、大人になるまで。 映画 感想 ネタバレ

映画『6才のボクが、大人になるまで。 』を観た。

主人公が6歳から18歳までの物語を、12年かけて撮影された映画だ。

こんな映画が観られて、映画好きとしては本当に嬉しい。

登場する人物達が本当に歳を取っていくので、メイクやキャスティングでは生まれないリアルさが物凄い。

国や文化は違えど、子供から大人になっていく心の移り変わりは、共感できるリアルなものがたくさんあった。

父親役のイーサン・ホークが最高に良い味を出していた。

 

Amazonプライム・ビデオ

【ミニポスター】6才のボクが、大人になるまで。(パトリシア・アークエット) /SS

 

・「ttooss」について

ttooss トス instagram インスタグラム ttooss トス facebook フェイスブック ttooss settter トス セッター twitter ツイッター