夜明け告げるルーのうたを観た感想

夜明け告げるルーのうた 映画 アニメ ネタバレ 湯浅政明

[ネタバレなし]

自分の本当の気持ちに素直になることは悪いことじゃないんだ。

 

アニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』を観た。

夜明け告げるルーのうた 映画 アニメ ネタバレ 湯浅政明

アニメーションだから表現できることを、精一杯やっている作品が大好きだ。

湯浅政明監督の作品はどこかトリッキーな感じがするけれど、この作品は良い意味で、そこをハズしているように思えた。

もちろん監督の作品らしさは満載で最高だった。

自分は音楽も大好きだ。この映画を観てあらためて「やっぱり音楽って良いよな」とも思えた。

自分に向き合って「これが好き」という気持ちに素直になれることは、本当に大事なことだ。

人にどう思われるとか、人に馬鹿にされるとか、詳しいとか詳しくないとか、昔から知ってるとか、最近知ったとか、偉い、偉くないは、その「好き」に全く関係ない。

自分が好きでテンションが上がるなら、それで良いじゃないか。

 

【その他に観た映画の感想はこちら!→】

 

Amazonプライム・ビデオ

小説 夜明け告げるルーのうた [ 湯浅 政明 ]

 

・「ttooss」について

ttooss トス instagram インスタグラム ttooss トス facebook フェイスブック ttooss settter トス セッター twitter ツイッター