セルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 追加コンテンツ第一弾が配信開始!

ゼルダの伝説,ブレスオブザワイルド,bow,DLC,ダウンロード,コンテンツ,追加コンテンツ,第一弾,第二弾,任天堂,スイッチ,

待ってました!

 

長らくこの日を待ちわびていた。

ついに本日、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)『ゼルダの伝説・ブレス オブ ザ ワイルド』の追加ダウンロードコンテンツ第一弾『試練の覇者』が配信開始された。

そのくわしい内容は、任天堂のサイトにまとめられている。

https://www.nintendo.co.jp/zelda/dlc.html

ダウンロード:アマゾン 楽天

このDLCの内容については、色んなところでお知らせされているので、ここではゼルダBoWへの思いを、ただただ徒然に綴ろうと思います。

っていうか書きたかったのです!書かせてください!笑

ゼルダの伝説,ブレスオブザワイルド,bow,DLC,ダウンロード,コンテンツ,追加コンテンツ,第一弾,第二弾,任天堂,スイッチ,

◆最高の1本

個人的に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、約20年ほどの自分のゲーム史上、最高の1本となった。

そこまでたくさんのゲームをプレイしてきたわけではないが、自分なりに気になったタイトルは出来る限り手に入れてプレイしてきたつもりだ。

最近では誰かがプレイしている実況動画でも、いろんなタイトルの楽しさを共有してもらえる。

実況動画は友達の家でプレイを見せてもらっている感覚で、ゲームを楽しむことができるからありがたい。(すべてのハードとタイトルを一個人がやりきることは不可能ですもの)

自分自身のプレイや、誰かの実況プレイで、様々なゲームタイトルを楽しんできた。

そんな中でこのゼルダBoWは本当に心から最高の1本だと思った。

 

◆心に残る

ちなみにスプラトゥーンは今でも飽きずにプレイしている。このゼルダも同じように「飽きないか?」と聞かれたら、クリアした今となっては正直飽きている。

飽きてはいるがプレイしたあの時の気持ちや楽しさは、最高の思い出として心に残っている。

仕事や家事を早く終わらせて、早くプレイしたいあの“うずうず”する感覚。

時間を忘れてプレイしてしまい睡眠時間が少なくなる日々。

歩きながらや、電車に乗りながら、つい頭の中で「次はどこに行こうかな。どこをクリアしようかな」と考えてしまう。なんだったら夢も見てしまった。

あの自分だけの自由な冒険の日々。ワクワクする発見の数々。

攻略サイトは出来る限り見ずに、自分の力で謎を解いた時の喜び。

最後のボスを倒してゲームを終わらせてしまいたくない、あの気持ち。

最後のボスを倒してゲームを終わらせてしまった、あの気持ち。

「ゼルダロス」という言葉も生まれたそうだ。

自分も分かる気がする。クリアした達成感と共に「あぁ終わっちゃったのか」と、どこか心がぽっかりと切なくなってしまった。

もちろんクリアした後も、やり込むことが出来る。だけどあのワクワク・ドキドキしながら未開の地を切り開いていく感じでプレイすることは、クリアした後はできなくなってしまった。

そこで一度自分は飽きてしまった。

だけどクリアするまでのあの気持ちを思い返すと、とても充足感のある芳醇な思い出として心に残っている。

好きな思い出のゲームはたくさんある。たくさんあった上で「あんな気持ちにしてくれたゲームは、今までなかなかなかったな」と。

そう思っている自分がいた。ふと気づいたら友達や知人にもオススメしてしまっている。

だから最高の1本なんだ、と。

SPONSORED LINK

 

◆ゲームの良さ

世の中には色んなエンターテイメントがある。

その中でもゲームはプレイを通して“自身が体験できる”、他にはない種類のエンターテイメントだと思う。

映画やライブだとだいたい2時間くらいだが、ゲームはクリアするまで80~100時間ほどかかったりするし、自分次第では延々楽しむこともできる。

プレイの中での試行錯誤や鍛錬やストーリーの経験は、自分の体験として蓄積される。

だから昔プレイしたゲームの内容を、大人になってから「あそこは泣けたよね」とか自分のことのように話せたりする。

もちろん映画も音楽も舞台もTVも大好きだけど、だからこそゲームの良さも、あらためて痛感している。

まさにこのゼルダBoWは、あらためてゲームというものの良さを深く感じさせてくれる作品だった。

 

◆ニンテンドースイッチとの相性

他の人は分からないが、個人的にはNintendo Switchというハードであることも、とてもよかった。

まず、妻とTVを奪い合わないことが最高だ(基本的には譲っている…笑)

ニンテンドースイッチは基本スリープモードになっているので、手に取ればすぐにプレイすることができる。

ゼルダは延々とプレイできてしまうので、スイッチならちょこちょこ空いた時間に楽しむこともできた。

ゲーム機を立ち上げるのに、いちいち時間がかかっていたら、面倒でそんな風に楽しめなかったと思う。

ゲームハード機の新たな革命だと感じている。今の入手困難の人気がそれを語っているだろう。

 

◆最後に

ちょっと脱線したり長々と書いてしまったが、書けば書くほど「いや〜そう思ってたな俺!」とはっきりした。

こないだ友達なんて「またゼロからスタートしてみようと思う」とか言ってたもの。

まだプレイしていない人たちが素直に羨ましい。あの世界を、あの物語を、あの冒険を、新鮮な気持ちで楽しめるなんて。

2017年・冬の追加コンテンツ第二弾も最高に楽しみだ。

 

アマゾン 楽天

 

Nintendo Switch : ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

アマゾン 楽天 セブンネット

 

【関連記事】

【その他のゲーム関連記事はこちら!→】

【ホビーグッズの関連記事はこちら!→】

 

・「ttooss」について

ttooss トス instagram インスタグラム ttooss トス facebook フェイスブック ttooss settter トス セッター twitter ツイッター