映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を観た感想

映画,ウィンストンチャーチル,ヒトラーから世界を救った男,感想,ゲイリーオールドマン,ネタバレ,アカデミー賞,

[ネタバレなし]

演技を超えた憑依

 

 

 

映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を観てきた。

 

 

どうも、セッター(twitter→)です!

ゲイリーオールドマンがまた伝説を残しました。

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」がアカデミー賞を取ったことは、日本での上映前にニュースで広まっていました。

観たらわかる。すごい演技。もはや演技というより憑依。別の人格がゲイリーの中に宿っていました。

 

 

 

映画,ウィンストンチャーチル,ヒトラーから世界を救った男,感想,ゲイリーオールドマン,ネタバレ,アカデミー賞,

この映画の現代は「Darkest Hour」…暗く辛い時代、深夜。

チャーチルは夜型の人間だったそうです。そのあたりのディティールの表現も細やかなので、観ていて興味深かったです。

 

余談ですが観る前に「ダンケルク」をチェックしてから行くのも、歴史の知識的にまた一興かと。

映画「ダンケルク」をみた

 

・ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

映画,ウィンストンチャーチル,ヒトラーから世界を救った男,感想,ゲイリーオールドマン,ネタバレ,アカデミー賞,

アマゾン 楽天

 

【関連記事】

【その他に観た映画の感想はこちら!→】

 

・「ttooss」について

ttooss settter トス セッター twitter ツイッター ttooss トス instagram インスタグラム ttooss トス facebook フェイスブック